自己破産するためにはどんな条件がある?=自己破産のキホン=

自己破産するためにはどんな条件がある?=自己破産のキホン=

自己破産するためにはどんな条件がある?=自己破産のキホン=

自己破産は、誰でも簡単にできることではありません。いろんな条件を満たさない限り自己破産はできません。借金の支払いができない場合に限ります。自己破産の条件は、借金返済にあてる金銭を調達することが難しい状態にある人やすでに履行期にある返済が滞っている人、借金返済にあてるための財産を有しない人、継続的かつ客観的に見て、弁済能力がないと判断できる状態であるかたが条件として自己破産できます。なので、少し借金ができたからといって自己破産しようと思ってもできません。返済が困難な方や返済で生活が苦しくて大変な方などは、まずは弁護士に相談してみることをおすすめします。借金を何年も返してて借金の残高がなかなか減らないかたは、債務整理などもあります。長い間借金の返済をしていると、過払い金が発生するので、過払い金が手にはいる可能性もあります。
自己破産をすると、ローンが組めなくなるので、高い買い物も我慢しないといけなくなります。我慢するか現金で買うかになります。十年程度すればローンは組めるようになりますが、個人差があるので十年とは言いきれません。早いかたなら七年などでローンが組めるかたもいます。
自己破産は、メリットもあればデメリットもあります。デメリットは多いですが、借金のなくなるメリットもあるので、生活が苦しかったり、支払いが追い付かないかたなどは、まずは弁護士に相談して、いろいろと説明を聞いたりすることをおすすめします。